チャットレディの仕事で扶養控除額を外れた場合にはしっかり「確定申告」が必要

チャットレディのお仕事は、本気でやったら、稼げてしまう仕事です。

そして基本的には、稼いだ分だけ納税する金額(所得税等)が増えることになります。

一般的なアルバイト・パート、また会社員であれば
所得税の計算や納税は、働いている会社が代わりにしてくれます。

しかしながら、チャットサイトで働く際には「業務委託」という形式が採用されるため
ひとりひとりの女性が、仕事を”請け負っている”という立場になります。

「従業員」ではなく、「社長」に近い状況です。

一般的には、個人事業主(フリーランス)と呼ばれるかたちになりますが
もちろん、”そういった仕事は初めて”という女性も多いと思います。

ここでは、チャットレディの女性のための<納税>に関する内容を簡単に紹介します。

少し面倒なことではありますが、ちゃんとしなければならないことであり
「がっつり稼ぐ!」ということが実現できた際には、必ず必要なことになります。

しっかりと稼ぎ始めてしまった女性、納税の義務が特別に生じた場合には
常に最新の情報を元にして、しっかりと申告しましょう。

確定申告・納税をする際は常に最新の情報をご参考ください。

「扶養控除額」を超えたら基本的に「確定申告」が必要

アルバイトだけで生計を立てている(いわゆるフリーター)人の場合、
「今年はいくら稼ぎました」という申告は、自分でする必要があります。

また、

  • 一定以上の収入がある
  • 複数の職場で働いている

といった場合には、基本的に「確定申告」が必要になります。

更に、一般的な常識として

  • 学生アルバイト
  • 主婦

といった(親に・夫に)扶養されている立場の場合、
「扶養控除額」というものが決まっており、それを超えた場合には改めて納税が必要です。

いずれにしても、一定の金額以上の収入がある場合には確定申告をするべきです。

そしてチャットレディの仕事というのは、その”一定の額”を超えやすい仕事です。

「思っていた以上に稼げちゃった」

という事態が発生しやすいのです。

簡単に超えることができるからこそより注意する

特に、「パート感覚の主婦」の方は注意が必要です。

一般的なパート主婦というのは、”控除額内”となる
「103万円/年」という数字を意識して、それに収まるように調整して働くはずです。

85,000円/月が、おおよその平均になるでしょうか。

そして忘れてはならないことは、チャットレディの仕事は業務委託あり

  • 副業の場合には「20万円」
  • 他に収入がない場合には「38万円」

と、控除される額のハードルが非常に低いのです。

つまり、「申告が必要な額」はあっさり超えることができてしまいます。

副業であれ本業であれ、「月4万円」はすぐに超えてしまいます。

1日で超えてしまう人も、珍しくはない仕事です。

だからこそ”調節”などとは考えずに、”本気でしっかり”稼ぐことを考えるべきなのです。

どうせなら申告も本気でしてしまうべき

確定申告には、

  • 簡単な白色
  • やや面倒な青色

以上の2種類があります。

一般的なフリーターと呼ばれる人達は、簡単な<白色申告>を選んでしまいがちですが
本気で稼ごうと思うなら、メンドウな分「控除額」が多い<青色申告>を選びましょう。

絶対にお得です。

慣れれば、それほど難しいことではありません。

しっかり納税するつもりで働く

チャットレディの仕事というのは、「なんとなくお小遣いを稼ぎたい」といった
軽い気持ちで始める女性が多いことも事実です。

しかしながら、思わぬ人気者になってしまったり
長時間ダラダラやっているだけで、思っていたよりも稼げてしまいます。

そういった場合に、申告・納税がいいかげんになってしまう人は多いものです。

ぜひ、”がっつり”納税することを前提に取り組みましょう。

せっかく稼いでも、追加徴税(未申告分の納税で税率が高くなる)されてしまうのは
非常にもったいないことであり、確定申告は”どうせ”毎年やるものなります。

最近では、確定申告や納税の情報を提供していたり
全く知識がない女性に対して、サポートしてくれるサイトも増えています。

いずれにしても、さっさと覚えてしまいましょう。

思っているよりも、はるかに簡単です。

フォローする